ネットで気になるニュース・面白い情報をお届け

ホーム » どうぶつ » 小さなハンター。オコジョの独特な狩りの方法

posted: 2022.02.12
小さなハンター。オコジョの独特な狩りの方法

小さなハンター。オコジョの独特な狩りの方法

どうぶつ

イタチ科の『オコジョ』は、別名でヤマイタチやクダギツネとも呼ばれています。イギリスを含むヨーロッパ中北部、アジア中北部、北米に生息。体長30センチほどでありながら小さな狩人とも言われるほど気性が荒く、ノネズミなどを食べる他、自分の体よりも大きいノウサギやライチョウを捕食することがある動物。

この動画はオコジョの独特な狩りの方法を捉えた映像。
敵を油断させるためのダンスを踊るような動きをし、その様子を見ていたウサギが一瞬の隙を見せると、オコジョはすぐさま飛びかかり捕らえる映像となります。

ナショナル ジオグラフィック TVさんの動画から。

この記事をシェアする

「どうぶつ」人気記事

「どうぶつ」に関する記事

YouTube動画を紹介する記事について。利用規約の範囲内でご紹介しています。配信者様の閲覧制限・動画削除等により、視聴出来なくなる場合もございます。

コメントを残す

誹謗中傷や関係のないコメントはお控えください