ネットで気になるニュース・面白い情報をお届け

ホーム » スポーツ » パイレーツ筒香嘉智、故郷和歌山に2億円夢球場「野球楽しめるスタートに」

posted: 2022.01.18
パイレーツ筒香嘉智、故郷和歌山に2億円夢球場「野球楽しめるスタートに」

パイレーツ筒香嘉智、故郷和歌山に2億円夢球場「野球楽しめるスタートに」

スポーツ

元横浜ベイスターズの選手で現米大リーグのパイレーツ筒香嘉智外野手(30)が故郷の和歌山・橋本市に自前の“ベースボールパーク”を建設していることが17日、判明した。同市内の3万平方メートルの敷地を確保。両翼100メートルで内外野天然芝の本球場、内野のみのサブグラウンドに室内練習場を併設し、総工費は2億円規模となりすべて筒香選手の私費で賄う。
「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」として運営し、将来的には同施設を拠点にする少年野球チームの創設プランもあるとか。事業の指揮を執っている実兄の筒香裕史さん(株式会社Go estudio代表)

筒香選手は、以前から日本の少年野球や高校野球に対し、さまざまな提言を出しています。
野球についても真摯に取り組み、言葉だけじゃなく実際に行動・実行する姿は本当に素晴らしいですね。

このパークから将来のスター選手も

パーク完成イメージ図

View post on imgur.com

この記事の詳しい内容は下記サイトがおすすめ
日刊スポーツ
Number Web

動画はレイズ在籍時の2020年、毎日新聞によるインタビュー
『レイズ筒香が説く”子ども第一“の野球とは センバツを前に』

この記事をシェアする

「スポーツ」人気記事

「スポーツ」に関する記事

YouTube動画を紹介する記事について。利用規約の範囲内でご紹介しています。配信者様の閲覧制限・動画削除等により、視聴出来なくなる場合もございます。

コメントを残す

誹謗中傷や関係のないコメントはお控えください